賃貸集合住宅への太陽光発電システム導入


賃貸集合住宅への太陽光発電システム導入

賃貸集合住宅への太陽光発電システム導入について、説明します。
普通、太陽光発電システムと言った場合、個人の一戸建て住宅に導入するケースを想像しがちですが、最近では、賃貸の集合住宅(アパート、マンション)に導入するケースが増えて来ました。


特に、賃貸アパートへの太陽光発電システム導入は、地方公共団体や国の補助金制度・税制優遇制度が適用可能なケースがあるので、現在、増加傾向にあります。

そして、太陽光発電システムを賃貸アパートに導入する方法としては、主に、4つのタイプがあります。

1つ目は、家主利用タイプ(その1)です。

本物の名古屋のデザイナーズマンションの最新情報をお伝えします。

これは、ソーラーパネルをアパートの屋根に設置して、発電電力をアパートに隣接した家主の自宅で利用するタイプです。自宅の屋根に比べて、多数のソーラーパネルを設置できる分、大きな発電電力が期待できます。


2つ目は、家主利用タイプ(その2)です。これは、ソーラーパネルをアパートの屋根に設置して、発電電力をアパートの一室に住んでいる家主が利用するタイプです。

長田駅の賃貸に関する疑問にお答えします。

3つ目は、共用部分で利用するタイプです。

これは、ソーラーパネルをアパートの屋根に設置して、発電電力をアパートの共用部分で利用するタイプです。


一般に、共用部分での消費電力は少ないので、発電電力の多くを、電力会社に売ることが可能です。4つ目は、借主利用タイプです。



これは、ソーラーパネルをアパートの屋根に設置して、発電電力をアパートの各部屋で利用するタイプです。
太陽光発電を有効活用できるオール電化型の新築アパートに適するタイプと言えます。